コスト調整の秘策

一生に一回の家づくり。

であれば、なるだけ後悔がないように、

予算が許す限りは出来るだけ

やりたいことを詰め込みたい!

誰もがそうお考えになると思います。

 

どっこい、

そう上手くいかないのが

家づくりの困ったところ。

 

たいていの場合、

予算と要望の間には

大きなギャップが生まれ、

予算にその皺寄せがいくという

パターンが圧倒的に多い

というのが現実です。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

というわけで今回は、

やりたいことの皺寄せを

なるだけ予算にいかせないためには

どのように考え、

どのように対処していくべきなのかについて

具体的にお伝えしていきたいと思います。

 

結論としては、

「何か1つだけで解決するのではなく

合わせ技によって解決しましょう」

ということであり、

そのためには今回お伝えする知識が

絶対に必要なので、

最後までお読みいただければと思います。

 

✔️小さなことをコツコツと!

 

例えば、家を建てるにあたって

どうしても床暖房を

キッチンとダイニングとリビングの

3箇所に設置したいとなった場合、

無垢の床を使用しているとしたら、

そのグレードアップ費用まで含めると

約80万円コストアップするのですが、

そうは言っても

家の予算は上げられないとしたら、

このアップ分をなにかを減らすことによって

埋めなければいけません。

 

この場合、

1.5坪(=3帖)ほど1階の面積を削れば

相殺できることになるですが、

いざ、それを実行するとなると

そう簡単に削ることが出来ないのが現実です。

 

無駄な廊下がたくさんあれば

一瞬で解決ですが、

そうじゃない場合、

1階の3帖はとっても貴重ですからね。

それによって、

今やスタンダード化している

ファミリークローゼットが

作れるか作れないかってことに

なってくるわけですからね。

 

なので、

面積だけに集中するのではなく、

家に使われている材料が減らせないかにも

同時に着目することが大切です。

 

1つは「窓」の数です。

外に出られる大きな窓なら

1本あたり10万円〜15万円するし、

小さな窓でも

1本あたり3万円〜5万円しますからね。

 

なので、大きな窓を減らし

その分小さな窓に出来ないかとか、

あるいは、そもそも

大きな窓の数を減らせないかとか、

かつ、同時に

小さな窓の数も減らせないかということを

同時に検討してみることも大事かと思います。

 

窓を減らすことが出来れば、

カーテンなしでは過ごせない家の場合、

同時にカーテン代まで

カットすることが出来るわけですからね。

 

続いて着目していただきたいことが、

家の中のドアの本数です。

ドアも1枚あたり3万円〜4万円するし、

引き違い戸やクローゼットの折戸に至っては、

1箇所だけでドアが2、3枚必要ですからね。

 

ゆえ、各個室ごとに

クローゼットが必要なのか、

クローゼットは必要だとしても

ドアは必要なのか、

ホントはドアがない方が便利なのに

ドアを設置してしまっていないか、

なども同時に考えていただくと

イイかと思います。

 

そして、

仮に窓で15万円ほど削減出来て、

カーテンで10万円ほど削減出来て、

ドアで15万円ほど削減出来そうだとしたら、

その分、カットしなければいけない

面積は先程の半分で済む

ということになりますからね。

 

少ない窓でも採光さえ

キッチリと取れるのであれば、

窓が減り壁が増えることによって

耐震性も断熱性もアップするわけですしね。

 

また、家だけで

コストの調整を考えるのではなく、

土地に分散してみてもイイかと思います。

 

仮に、建てようと思っている家が

2階建てだとしたら、

55坪ぐらいの土地を買おうとしているのを

50坪にするといった感じですね。

あるいは、

もっと削らなければいけないとしたら

45坪ぐらいまで削るといった感じです。

 

この場合、土地の坪単価が

15万円だとしたら

5坪削れただけで75万円安くなります。

となると、家のコストは一切削らなくても

よくなるかもしれません。

 

あるいは、10坪まで削れたとしたら

150万円安くなるので、

床暖房に加えて、

巷で人気の衣類ガス乾燥機や

海外製のドデカサイズの食洗機を

設置出来るかもしれません。

 

まー、口で言うのは簡単ですが、

実際はこんなに上手い具合には

なかなかいかないものなんですけどね。

 

とはいえ、

こういったコストダウンの方法を

頭で理解できているのと

理解出来ていないのとでは

全く違うと思うので、

本当にやりたいことを

実現していただくためにも、

こんな方法もあるんだよということを

ぜひ覚えておいてもらえたらと思います。

 

それでは、、、

 

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。