これから土地を買って家を建てる方へ

ウッドショックによる

大幅な価格上昇は

未だ落ち着く気配がなく、

むしろ資源高や円安によって

さらに拍車をかけている状況です。

 

結果、わずか1年前と比べても

約20%価格が値上がりしているのですが、

おそらくかなり高い確率で

この価格は高止まり状態が

続くと予想されます。

 

ゆえ、個人的には

住宅ローンの負担を軽減するために、

実家に土地があるなら

そこに家を建てるという選択肢を

これまで以上に前向きに

検討した方がいいと思っているのですが、

もちろん、みんながみんな

その選択肢があるわけじゃないと思うので、

今回はその選択を取れない方、

つまり土地を買わないといけない方が

住宅ローンの負担を軽減するためには

どうすればいいのかについて

お伝えしていきたいと思います。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

結論から申し上げると、

土地を買って家を建てる方が

やるべきことはシンプルにたった2つ。

土地の面積を少しでも小さくすることと、

家の面積を少しでも小さくすることです。

 

では、それぞれのやり方を

お伝えしていきたいと思います。

 

✔️土地の面積を少しでも小さくする

 

例えば、

家を建てるにあたって必要な土地の広さは

家+家の周囲スペース+駐車スペースですが、

仮に必要な駐車スペースが3台で

建てたい家が約30坪の平屋だとしたら、

これを実現するためには

最低約55坪の土地が必要となります。

 

そして、その地域の

土地の価格相場が20万円だとしたら、

単純に土地代に

最低1100万円かかることになります。

 

もちろん、自己資金(貯金・贈与)が多く、

この土地を買っても

ローン返済的に全然問題ないのであれば

そのままゴーしていただいても構いませんが、

資金計画の結果、

予算を落とすべきだとなったとしたら、

もっと価格が安い地域で土地を探すか、

あるいはそれが嫌だとしたら

土地の面積を削るという選択を

取るしかありませんよね。

 

単純に土地面積を10坪小さくして

45坪の土地を買うようにすれば、

20万円×10坪=200万円も

予算を落とすことが出来るからです。

 

もちろんこの場合、

土地が10坪小さくなった分、

家に取れる面積も10坪減ることになるので、

家にそのままの広さを求める場合、

平屋は諦めざるを得ないし、

なんらかの部屋を

2階につくらなければいけないのですが、

設計のやり方さえ間違えなければ、

家がコストアップすることもなければ、

住みにくくなるわけでもありません。

 

理由は、1階部分で

20坪取ることが出来るとしたら、

1階には玄関・ホール・土間収納・

LDK(階段)・水回り・中庭に加えて、

寝室とウォークインクローゼットまで

充分取ることが出来るからです。

 

つまり、子育て期間中にしても、

やがて老後を迎えたとしても、

1階に備わっておいて欲しい

スペースが全て揃ってさえいれば、

建てた後ずっとなんの問題もなく

暮らし続けられるから

というわけですね。

 

そんなわけで、

住む地域を妥協したくないという方には、

こういった柔軟な考え方を

持っておいていただくことを

オススメしている次第です。

 

土地代で200万円削ることが出来れば、

建築コストの上昇を

全て吸収することは出来ずとも、

大幅な負担増は回避出来るわけですからね。

 

✔️家の面積を小さくする方法

 

そして、土地同様に

小さくすべきが家の面積です。

当たり前のことですが、

家が小さくなれば

その分確実に価格も減少するからです。

 

では、家の面積を小さくするためには、

何をどのようにすればいいのか?

 

まず削減すべきは、

部屋でもなく収納でもなく、

「ただ通るだけの廊下」です。

 

これに関しては、

間取りのつくり方次第で、

1坪〜1.5坪ほど削れるはずなので、

40万円〜60万円ほど

コストを削減出来ると思います。

 

次に考えるべきが「部屋の数」です。

単刀直入に申し上げると

「客間」のことですね。

 

というのも、仮に時折、

親御さんが泊まりに来るとしても、

わざわざそのために部屋をつくらずとも、

自分の部屋で寝ていない

小さな子供たちの部屋で

寝てもらえばいいし、

あるいは広々とつくった

リビングスペースで

寝てもらってもいいからです。

 

そして、この部屋をつくらなければ

3坪ぐらい面積を削減出来るので、

ざっと考えても150万円ぐらいは

コストを削減出来ると思います。

 

最後に考えるべきは

寝室や子供部屋などの

「個室の広さ」ですね。

 

というのも、

今の家は昔の家に比べて

ずいぶんと収納が充実しているため、

昔のように家具を持ち込む必要がないし、

テレビなパソコンなども

ずいぶんと薄型になっているからです。

 

また、家族みんなが

リビングで大半の時間を過ごすため、

これらの部屋はただ寝るだけの用途でしか

使わなくなっているからです。

 

そんなわけで、

これらの部屋もミニマムサイズにしても

別段問題ないと思っている次第です。

 

そして、これを実行すれば

3坪〜4坪ほど面積がカット出来、

結果、コストも120万円〜150万円ほど

カット出来るのではないかと思っています。

 

いかがでしたか?

 

少しでも家を小さく出来れば、

自然と土地も小さくすることが出来ます。

そして、いずれのコストも削減出来た結果、

建築コストは上がっても

住宅ローンの負担を上げることなく

家を持つことが出来るようになります。

 

なので、これから家を建てる方で、

どうしても土地から買わないといけない方は、

このシンプルな方法を

ぜひ実行していただけたらと思います。

 

個人的には、これこそが

スタグフレーションが進む日本において

正しい家の持ち方ではないかと思います。

 

それでは、、、

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。