直射光の呪縛から脱出する

家を建てる方の多くが、

直射光だけに頼って

採光計画を立てようとしますが、

実のところ「直射光」だけで

採光計画を立てると

かえって住みにくい家が

出来上がってしまう上、

家づくりにかかる総コストも

ずいぶんと割高になってしまいます。

 

というのも、

「直射光だけに頼る=南向きにこだわる」

ということだからです。

 

南向きにこだわれば

土地代は確実に一番高くなります。

かつ、値引きもしてもらえません。

 

南向きにこだわれば、

明る過ぎるのと、

眩し過ぎるのと、

丸見えなのとが被さって、

カーテンやシャッターなどが必須となり、

建築コストも上がってしまいます。

 

また、ウッドデッキや庭をつくるにしても

あまりに丸見え過ぎることから

目隠しや植栽、塀などが必要となり、

さらにコストを押し上げることになります。

 

つまり、南向きにこだわると

土地・家・庭の全てがコストアップ

してしまうというわけですね。

で、ローンにその皺寄せがくる

という結果を招くことになります。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

さらに、南向きにこだわれば

不用意に2階建ての家を

建てることになります。

全ての部屋を南向きにしなければ

家が暗くなると思っているとしたら、

陰になる場所に部屋を配置することに

抵抗が生まれるからです。

 

そして、望んでもいないのに

出来てしまった庭(余白)の維持管理に

四苦八苦しながら

暮らし続けることになります。

 

かつ、使い慣れていないし

住み慣れてもいない

2階建ての家を上手く使いこなせず、

片付けや掃除、洗濯に

余分な手間ばかりを

取られることになります。

 

そんなわけで今回は、

もう1つの光である

「天空光」について

お伝えしようと思っている次第です。

 

「天空光」とは、

太陽光が大気中の水蒸気や塵などで

乱反射した光のことで、

直射光ほどの熱の高さや

明るさ・眩しさがない一方で、

方向性がないため

均一した採光を得ることが出来るという

特徴を持っている光のことですね。

 

つまり「天空光」の存在さえ

あらかじめ知っておくことが出来れば、

直射光だけに頼らなくても

安定した採光を確保することが出来る

というわけですね。

もちろん、たとえ日当たりが

悪そうな土地だとしても、です。

 

✔️直射光じゃなきゃダメなところと

直射光じゃなくても良いところ

 

家を建てる前に

知っておいてもらいたいことが、

自分にとって

直射光じゃなきゃダメなところと

直射光じゃなくても良いところが

どこなのかということです。

 

例えば、リビング。

ほとんどの家がリビングに直射光が

ガンガン差し込むように設計しますが、

ここに日光が入り過ぎると

かえって快適じゃなくなってしまいます。

テレビの画面も見にくくなりますしね。

 

一方で、洗面や脱衣。

これらも含めて水回りは

南以外に配置されることが多く、

かつ窓も小さめに設計されることが

多いのですが、

そうなれば薄暗くジメッとした空間が

生まれやすくなります。

 

明るくカラッとした場所にしたいと

思っているにもかかわらず、です。

基本、室内干しをする方なんかは

なおのことそうではないでしょうか。

 

続いて、寝室。

ここは文字通り寝るだけの部屋であり、

太陽が沈んでいる時間しか

使っていない部屋ですが、

ではこの部屋を南向きでつくる

意味は一体なんなのでしょうか。

 

子供部屋も然りですよね。

南向きにすれば

日中ずっと太陽の光が入り続けるため

かえって勉強に集中しにくく

なってしまいそうですもんね。

 

実際、僕自身も

常に太陽と反対方向に向かって

ブログを書いてますしね。

 

このように、

家を形成する1つ1つの部屋が

一体どちらの光が必要なのかを

自分なりに考えてみると、

案外直射光にこだわる必要って

ないんだなと気付けるため、

結果的に、ずいぶんと間取りに

自由度が生まれることになります。

 

ヒアリングの際に、

丁寧に部屋の位置まで

指定しなくてよくなるからです。

 

そして、土地に合わせた

より暮らしやすくて

より快適な住まいを

つくりやすくなります。

 

日陰でも部屋を配置しても

問題ないと知っていれば、

敷地をフル活用出来るようになるため

「2階建てしか無理!」と

思っていた土地でも

平屋を建てることが出来ますしね。

 

というわけなので、

光には「直射光」と「天空光」の

2つがあるということを

覚えておいてもらえたらと思います。

 

これがより住みやすい家を、

より低コストで建てるための基本です。

 

それでは、、、

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。