位置と広さと数量と

「子供のために」という想いは、

家を建てる大きな原動力の

一つだと思いますが、

とはいえ子供は遅かれ早かれ

家から出ていくことから、

子育て期間中のことだけじゃなく、

子供が巣立った後まで考えた上で

間取りをつくっておいた方が

いいのではないでしょうか。

 

内装や設備は

比較的簡単に変えられますが、

使い勝手が悪くなったからといって

間取りの変更をしようとしても

そう簡単には出来ないですしね。

 

そんなわけで、

子供部屋に関しては

それぞれの想いもあると思いますが、

最も合理的に考えた方がいいスペース

だというのが個人的な意見です。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

まず考えていただきたいことが、

子供部屋を2階につくることが

本当に正解なのかどうかということです。

 

子供部屋を2階につくった場合、

子供が小さいうち(中学生になるまで)

自分の部屋を全くと言っていいほど

使うことがないからです。

 

子供に限らず家族みんな

1日の大半を過ごすのは

リビングダイニングキッチンだし、

子供たちが小さいうちは

お母さんの近くから離れないでしょうし、

寝るのも親と一緒ですからね。

 

結果、リビングやダイニングが

子供たちのオモチャや服で

散乱していくのではないでしょうか。

 

そして、1階にリビングとは別部屋か

充分な収納が確保出来ていない場合、

子供のものを片付ける収納ボックスを

リビングに置かざるを得なくなり、

生活感があふれてしまう上、

狭苦しく掃除もしにくいリビングに

なってしまうのではないでしょうか。

 

以上のようなことが想定されることから、

子供部屋の位置を

最初から2階に指定してしまうのはどうか

と考えている次第です。

 

子供部屋を1階につくっておけば、

自分の荷物は全て

自分の部屋に片付けられるでしょうし、

親御さんが泊まりに来た時なんかも、

ここを使ってもらえるし、

やがて子供たちが出て行った後も、

何かと使い勝手がいいでしょうしね。

 

要するに、子供部屋は

2階よりも1階につくっておいた方が

使える幅が大なり小なり広がるだろうし、

ライフスタイルの変化に応じて

使い分けがしやすい、というわけです。

 

✔️コストに直結する広さと数量

 

続いて考えていただきたいことが、

「広さ」と「数」についてです。

 

広さに関しては、寝室同様、

何を置く予定なのか?から

算出するのでいいのではないでしょうか。

 

仮に部屋とは別でクローゼットがあり、

置くものがシングルベッドと机だけであれば、

内寸で2.6m×2.6mある

4.5帖という広さで充分だと思います。

 

ハウスメーカーの住宅展示場や

住宅会社のモデルハウスなどは、

6帖でつくっている場合が多いのですが、

たとえ思春期を迎えたとしても

部屋に篭りっきりにならずに

寝る寸前までリビングで

一緒に過ごすことが多いと思うので、

子供に関しては

そんなに広くつくる必要はなく

「自分の部屋がある」ということだけで

充分だという認識でいいと思います。

 

冒頭でも申し上げましたが、

遅かれ早かれ子供は

家を出ていくでしょうし、

その後の利用用途を考えてみても、

4.5帖もあれば充分でしょうしね。

 

数に関しても、

必ずしも子供の人数に合わせて、

つくる(つくっておく)必要は

ないかもしれません。

 

子供が自分の部屋を使い出すのは

中学生になってからの可能性が高いし、

高校卒業と同時に家を出ていくとしたら

1人で部屋を使う期間は最大6年なので、

兄弟姉妹の年齢差によっては

使う時期が被らない可能性もあるからです。

 

そんなわけで、子供部屋を

必ずしも人数分つくる必要はないし、

どう考えてもつくらないといけないとしても

4.5帖という広さのまま増やすのではなく、

3.75帖とか3帖という広さにすることを

検討した方がいいのではないか

と考えています。

 

面積を広げれば広げるほど

確実に家のコストは

上がっていってしまいますしね。

 

いかがでしたか?

もちろん、子供部屋も寝室同様に

予算的にゆとりがあるのであれば、

全然広げていただいても問題ないので、

この意見も参考にしていただきつつ

考えてみていただければと思います。

 

では、次は「収納」について

お伝えしていきたいと思います。

それでは、、、

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。