Staff Blogスタッフブログ

快適性を損なう最大の要因


“快適な家にしたい・・”という願いは、

家づくりをする全ての方が

お持ちになる願いだと思います。

そして、その“快適なお家”を満たす条件として、

“光と開放感が感じられること”

“プライバシーがしっかり確保されていること”

“毎日のことである家事の負担が軽減されること”

“暑さ寒さに苦しむことなく過ごせること”

といったことがありますが、

実際の生活において快適さを満喫していただくためには、

これら全てを満たす家づくりをしなければいけません。

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

例えば、光と開放感が感じられる家にするためには、

続きを読む >

面積と数に比例しない明るさと開放感


家を建てる誰もが、

明るくて開放的なお家にしたいと思い、

設計図を吟味した上で、

そうなるように充分な窓を設置します。

しかし、残念なことに、

明るさや開放感は、窓の大きさや数には比例せず、

結果的に思っていたより薄暗く

昼間から照明に頼らなくてはいけない家に

なってしまうことも決して少なくありません・・・

もちろん、その理由は、

フルタイムでカーテンを閉めておかざるを得ないからなので、

イメージ通りの明るさや開放感を実現するためには、

常時カーテンが必要になってしまう窓をつくらないように

心がけながら設計しないといけません。

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

フルタイムでカーテンをする必要がない

窓をつくることが出来れば、

続きを読む >

日当たりに難がある土地の家づくり


例えば、下記のように

南に家が建っている土地に家を建てるとしたら、

一般的には、日かげ部分を避け、

日なた部分にのみ家を建てるように計画を立てます。

その結果、

問答無用で2階建住宅を建てるしかなくなってしまうわけですが、

果たして、このような土地では、

その選択肢しかないのでしょうか?

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

この図面のような感じで家を建てた場合、

✔️外構工事費用が高額になってしまう・・・

✔️いつも過ごす場所が薄暗くなってしまう・・・

✔️住んで半年もしたら生活感満載のお家になってしまう・・・

✔️洗濯・片付けに余計に手間がかかってしまう・・・

といったデメリットを、

かなり高い確率で体験することになるので、

まずは、これらについて具体的にお伝えしていきたいと思います。

続きを読む >

敷地と家の関係性


家づくりを始めて、住宅雑誌を見たり、

モデルハウスや見学会に足を運び、

たくさんの家に触れていると、

実現したい様々な要望が出来上がっていくことと思います。

 

しかし、間取りは要望だけで決まるのではなく、

実際は、その土地の環境に大きく左右されるため、

土地を無視したままで要望を固めていくことは、

決してオススメ出来ることではありません。

 

そうしてしまうことによって、

逆に住みにくい家が出来上がってしまう

可能性が高くなってしまうからです。

また、無駄なコストが余分にかかる可能性が

高くなってしまうからです。

 

それゆえ、“間取りは土地の環境に合わせてつくるものである”

という基本原則を、

絶対に忘れないように覚えておいていただければと思います。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

例えば、あなたが、

南全面にリビングダイニングキッチンを配置したい・・

そして、南に大きな窓をつけたい・・

という要望をお持ちで、

その実現が家づくりの絶対条件だと仮定します。

 

しかし、すぐ南に家が建っている土地に

家を建てないといけないとしたら?

 

まず考えられることは、

そもそも日が充分に当たらなくなり、

南にリビングをつくったにも関わらず

家が薄暗くなってしまうということです。

 

また、その土地は、

すぐ南に建っている家の裏口や裏面が見えるため、

いつも過ごすリビングの大きな窓から見える景色は、

散乱したゴミや、換気扇や窓から垂れる汚れやコケ、

エアコンの室外機や給湯器といった

生活感に溢れたものばかりになってしまうため、

それを隠すためカーテンを閉めざるを得なくなってしまい、

さらに家の中を薄暗くすることになります。

 

では、南に家が建っていなかったり、

あるいは建つことがない土地であれば、

その要望の実現は問題ないのでしょうか?

 

この場合、日当たりを阻害するものがないため、

一見、南につくったリビングには、

日光がサンサンと降り注ぐように感じます。

 

しかし、もしリビングが、

外から見されてしまう環境だったとしたら、

それを防ぐために、

カーテンを閉めた状態にせざるを得なくなるし、

おそらくこの先ずっと、

そのカーテンを開けることが出来ないかもしれません・・・

 

それゆえ、その条件が絶対だとしたら、

外からリビングが見られないような土地を選ばないといけないし、

そうなれば、家が密集して建っていない地域にする必要があります。

 

つまり、土地の予算を上げずに

その要望を実現しようと思うと、

住む地域を変更せざるを得ないというわけですね。

 

あるいは、それが出来ないのであれば、

希望する地域でより広い土地を購入しつつ、

さらに、敷地の南には視線を遮断するための

塀の工事を施す必要があるかもしれません。

 

つまり、土地代と庭代に、

より多くのコストを掛けざるを得なくなってしまう

というわけです。

 

✔️住む地域とコストと住みやすさと

 

家づくりでは、

住む地域も大切ですし、予算も大切です。

また、住みやすさも非常に大切なので、

このバランスが取れた家づくりをしなければいけません。

 

そして、そのためには、

“間取りは土地の環境に合わせてつくるものである”

という基本原則を守ることが必要不可欠です。

 

たとえ南に家が建っていても、

リビングに南からの光をたっぷりと採り込むことは可能です。

また、南に建っている家の汚い裏面を

眺めながら暮らす必要もありません。

 

また、丸見えという犠牲を払ってまでして、

一番南に大きな窓をつけなくとも、

リビングに南からの光をたっぷりと採り込むことも可能です。

 

そして、どんな土地であったとしても、

全ての部屋を自然の光だけで明るくすることも可能です。

もちろん、プライバシーもしっかりと確保しながら。

 

これらの問題は、

全て土地によって解決出来ることではなく、

全て設計によって解決出来ることです。

土地の環境に合わせて間取りをつくることによって、です。

 

ですから、あらかじめ要望を固めてしまうことによって、

住みやすさを犠牲にしたり、

また無駄にコストを上げてしまい、

後々の経済的な面を

犠牲にしないようにしていただければと思います。

 

それでは、、、

 

 

 

 

昼も夜も大切な「光」


以前は、部屋ごとに、

天井の真ん中に1個シーリングライトと呼ばれる

大きな照明器具を付けるのが主流でした。

 

この器具の良いところは、なんと言っても、

寝る時に、常夜灯(別名豆球)に出来ることであり、

うちの娘のように、

真っ暗にして寝るのが怖い人にとっては

非常に嬉しい機能なんですよね(笑)

 

しかし、この器具はデザイン的な面で言うと、

決してカッコ良いとは言えないことから、

近年は、この器具に変わって

ダウンライトと呼ばれる天井埋め込み型の

小さな照明器具を数多く設置するようになってきたり、

間接照明を随所に使用することが主流となってきています。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

そして弊社でも、照明器具のベースを、

ダウンライトで設計させていただいているのですが、

続きを読む >

家とお金の正しい知識


給料の振込をしているし、

カードや公共料金の引き落としもしているから・・

会社がお付き合いしているメインバンクだから・・

友人や知人が勤めているから・・

不動産屋さんや住宅会社に勧められたから・・

同僚や友人の多くがそこで借りているから・・

 

大切な住宅ローンを、

こういった理由から選ぼうとされている方は、

決して少なくないと思いますが、

実際は、融資条件や金利などを

冷静に比較した上で決めるべきです。

 

また、家を建てると、

住宅ローン控除制度によって

所得税と住民税が控除されるのですが、

この制度はもちろんのこと、

同時にiDeCoを併用することによって、

節税のレバレッジを最大化し、

将来のために合理的にお金を貯めていくようにすべきです。

 

つまり、家づくりを行う時には、

家に関する知識をつけるだけじゃなく、

大切なお金に関する知識も、

同時につけていただくことをオススメしています。

保険を含め、貯蓄方法なども、

リセットして考えるにはちょうどいいタイミングですからね。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

例えば、同じ金額を借りるにしても、

続きを読む >

プロにしか分からない土地選びの視点


2019年3月にSMBCコンシューマーファイナンスが

30歳〜49歳の男女1000名を対象に、

『現時点で、どのくらい貯蓄が出来ているか?』

を調査したところ、

全体の約23%が『現時点での貯蓄額は0円』と回答し、

全体の約25%が『1万円〜50万円以下』と回答したとのことでした。

 

つまり、この2つの割合を合計すると、

30歳〜49歳の全体の約半分の方が、

貯蓄が“全くない”か、あるい“ないに等しい”

という結果が出たということなのですが、

この結果が物語っていることは、

計画的に貯蓄していくことがいかに難しいのか、

ということではないでしょうか?

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

しかし、この結果が招く最悪の結末は、

続きを読む >

家づくりという分岐点で考えるべきこと


“金融庁の『老後2000万円問題』が大きな話題を集めましたが、

2019年8月に公表された『年金の健康診断』の結果も

看護出来ないものになりました。

 

これは5年に1度のサイクルで

厚生労働省が公表している年金の財政調査です。

この結果によると、最悪のシナリオでは2052年度に

国民年金の積立金が枯渇すると考えられています。

 

最良のシナリオでも、サラリーマンがもらえる年金は、

現役時代の50%程度にもなるもようです。

 

現在の若い世代は、親世代のような老後を送れない

可能性も出て来ています。終身雇用制度は崩壊しつつあり、

非正規雇用で働く人も少なくありません。

『退職金がもらえない』『定年までに充分な老後資金が貯められない』

ことに加え、『年金も充分にもらえない』おそれが出ているのです。”

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

これは、先日の経済誌に掲載されていた記事なのですが、

この記事にも書かれているように、

私たちは例外なく誰もが、

若いうちから老後に備えていく必要があります。

 

そして、資産形成のためには、

続きを読む >

住宅会社と一緒に土地選びをする理由


家を建てる時、

地域によって建築に対する制限が異なってきます。

 

例えば、徳島市は大きく分けると、

“市街化区域”と“市街化調整区域”という

2つの地域から出来ているのですが、

市街化調整区域は、市街化区域に比べて

家が建てにくい地域となっています。

 

市街化区域は、

街を活性化させるために活用する地域なのに対し、

市街化調整区域は、

街の活性化をそれほど積極的に行わない地域だからです。

 

具体的には、市街化区域は、

田んぼや畑といった農地が簡単に宅地に変わるのに対し、

市街化調整区域では、

基本的に田んぼや畑は宅地に変えられないようになっており、

また、変えることが出来るとしても、

厳しい条件をクリアしなければいけなかったり、

その上、ものすごく時間がかかったりします。

 

また、新しく宅地を造成する場合でも、

50坪以上の広さで区割りをしなければいけない

という決まりもあるんですよね。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

そして、市街化区域においても、

さらに細かく地域が分かれており、

その地域ごとに建てられる家が異なってきます。

続きを読む >

敷地を無駄に余らせてしまう3つの当たり前


「建ぺい率」というのは、その土地の上に、

一体どれくらいの大きさまで1階をつくっていいのか?

を示す基準なのですが、

例えば、土地の広さが40坪で建ぺい率が60%の場合、

その土地には、40坪×60%=24坪まで、

1階をつくってもいいということになります。

 

もちろん、1階をどれだけ大きくつくることが出来るかは、

車を何台停めるつもりなのか?や、

庭をどのように使おうと思っているのか?によって

違ってくるのですが、

弊社では、可能な限り1階を大きくつくることをオススメしています。

 

そうした方が、より家が使いやすくなるし、

耐震的にも優れているし、

庭の維持管理の手間もより少なくて済むからです。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

しかし、家をづくりをされる多くの方がそうしようとせず、

敷地が充分余っているにもかかわらず、

当たり前のように1階を小さくつくり、

逆に2階を大きくつくろうとしてしまいます。

これは、ある3つの当たり前に縛られてしまっているからです。

続きを読む >